hracka(フラチュカ)はチェコ語で「おもちゃ箱」と
いう意味です。
2匹の愛猫の写真を中心に積み重ねた日々をしまう
大切な「おもちゃ箱」のような場所に
なればいいなと思ってつけました。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

/ - / - / -
<< 猫の為のリバーシブルベッド 北欧テイストなシンプルデザインです | main | 猫の為のリバーシブルベッド メンズライクなシンプルストライプです >>
猫の為のリバーシブルベッド 同系色で可愛くまとめてみました



こんばんは。
猫の首輪作り職人 ハシモトナオコです。

昨日に引き続き今日もリバーシブルベッドの記事です。
このタイプのベッドを作るにあたって新たな生地を用意した物もありますが
以前から所有していた、又は繰り返し再販していた生地を使って
作ってみてはどうだろうという思いがありました。
「エコ猫ベッドカバー」として出していた物であっても
裏表両面を合わせてみればまた違った印象になるのではないかと考えていましたし。
そこで出来上がったのがコチラ。




コットンキャンバス地を使用。

この表面は以前「エコ猫ベッドカバー」として販売していたもの。
とても綺麗なエメラルドグリーンに万華鏡を思わせるような花が散っていて
私個人としても気に入って大事に使っていた生地です。
購入したのは一年以上前ですが、在庫限りだったので結構な量を買った覚えがあります。
これでリバーシブルベッドを作ったらどうなるだろうと試さずにはいられなかったのです。




今回は裏面もコットンキャンバス地を使用。

裏面、同系色のダマスク模様の生地ですがこれは案外すんなりと決まりました。
なんとなく抱いていたイメージは表面と同系色の柄物・・でしたので。




表面生地のアップ。



裏面生地のアップ。

コットンキャンバス地とはなんぞや・・という感じですが
調べてみましたら亜麻糸、綿糸、絹糸などの混織で、丈夫な厚手の粗布のこと。
・・だそうです。
要は綿100%ながらある程度厚みのある素材という事でしょうか。

ちなみにベッド類を縫う際、ミシン糸は厚手生地用の糸を使用して
通常の糸より強度に耐えれるようにしております。
表裏面共に気に入った柄で作ってみたのですが、出来上がってみると
思っていた以上に夏向きではないというか・・
少々暑苦しさを感じる仕上がりとなってしまいました。
私個人としてはとても可愛いベッドが出来たと思っておりますが
どうなんでしょうか、クドくないですかね?

表と裏、素材違いを重視する時もあれば生地のデザインを重視する事もある。
これはもうその時の自分の直感というか、表裏これがしっくり来るな・・と
いうものをその場その場で選んで決めているのである意味出たとこ勝負です。
表がコットンなら裏は絶対に麻とか冬ならフリースなどと決めてしまうと
きっと選択肢が恐ろしく狭まる気がするので、制約はなしで。
素材も大事、でもデザインというか全体のバランスも大事と考えて作っています。
色々なパターンのベッドが出てくるかと思いますが、お客さまご自身で
何を重要視するかで選んで頂ければと考えております。




ちなみに今回のチラリズムはこんな感じです。

リバーシブルベッドですが、あと二つ新作がございます。
既に紹介した物の色違いではありますが、それをご紹介して
今月末にネットに商品を並べたいと思っております。


「キスキスコーシュカ」 猫の首輪作り職人 ハシモトナオコでした。


キスキスコーシュカツイッター ショップの事、ジュジュとルークの事などなど呟いてますので
お気軽にフォローして下さると嬉しいです。



□ランキング参加中です□ にほんブログ村 猫ブログ 猫用品・グッズへ にほんブログ村

20:32 / リバーシブルベッド / comments(0) / trackbacks(0)
スポンサーサイト
20:32 / - / - / -
COMMENT









Trackback URL
http://hracka.jugem.jp/trackback/413
TRACKBACK
my bookcase
いつでも里親募集

qrcode