hracka(フラチュカ)はチェコ語で「おもちゃ箱」と
いう意味です。
2匹の愛猫の写真を中心に積み重ねた日々をしまう
大切な「おもちゃ箱」のような場所に
なればいいなと思ってつけました。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

/ - / - / -
<< 猫のまたたびおもちゃ お買い得セットまだあります | main | 猫の安全首輪 飽きがこずシックで大人っぽい首輪 >>
猫の安全首輪 パーツ選びはこんな感じで

おはようございます!キスキスコーシュカのチバンビーナです。 これまでに作った首輪を紹介する「首輪マラソン」企画 本日も個別紹介はお休みして 猫の首輪作りに必要なパーツや、注意している点など 書かせて頂こうと思っています。 DSC_10333.jpg 首輪を着ける際、正面に来る丸い金具のバックルですが コレ当店では結構な要だと思ってます。 金具が楕円になってる首輪も多い中 私が好んで選ぶ生地には何故かちょっとレトロな感じのする この丸い金具がしっくり来る気がしているのです。 楕円など、他の金具より少し値が張るのですが 私が思う見た目のカッコ良さを考え、一環してこの金具を使用しています。 次に首輪の留め具ですが、これはセーフティバックルを使用しています。 セーフティバックルとは、ある一定の力が加わると 留め具が外れる仕様になっています。 猫は犬と違って縦に動く事が出来るので 上下に移動している際、家具や突起物に 首輪が引っかかる事があるかもしれませんよね。 その時に猫の重さで留め具が外れてくれるとホッと安心しますよね。 実は作り始めた当初、留め具はホックボタンでした。 でもこれだと当たり前ですが何をどうやっても 外れることはほぼありません。 猫の身の安全を考える飼い主さんに安心して着けて貰う為に ある時期からセーフティバックルに切り替え致しました。 100%の安全を保障するものではありませんが やはり減らせるリスクは減らして行きたいものです。 そして猫はしなやかな動きをする体の柔らかな生き物です。 余りに硬い首輪だとその動きを妨げてしまうし 周辺の毛が硬い素材でこすれてしまうのではと考え キスキスでは布製の首輪のみ製作しております。 生地は勿論、裏地にあたるグログランテープと呼ばれる物も 首あたりの良い柔らかな素材を使用したりと 首輪作りにおいては猫の安全と快適さを考慮した 素材を選んで使用しております。 お散歩に出る必要のある犬の場合は 猫とは逆にリードに繋ぐ事を考えると 外れにくい留め具が良いと思うし 又、ある程度の頑丈さも必要だと思います。 人間と近しく暮らす犬と猫ではありますが やはり特性や習性で選んであげる物は違ってまいりますよね。 ずっと以前、犬の首輪も作ってみたら?というアドバイスを 頂いたことがありまして、勿論犬は大好きですし 実家でもずっと犬と暮らしておりました。 でも今現在、私は犬と生活を共にしていないので やはり犬の飼い主さん以上の目でもって 犬に必要なモノを作れる気が致しません。 ジュジュとルークという猫2匹と暮らしていく中で 猫ってこうだよね、こんな事するんだな それならこういう物があったら楽しいよねと 日々の暮らしの中で思う事がほんの少し形になればと 思って毎日を過ごしております。 ・・う〜ん。毎度思いますが記事の最初に宣言した テーマ的なものに沿って書けてますかね? ちゃんと何故そのパーツを選んだのかなど 伝わっておりますでしょうか・・心配だ。。 「キスキスコーシュカ」 チバンビーナでした。 キスキスコーシュカツイッター ショップの事、ジュジュとルークの事などなど呟いてますので お気軽にフォローして下さると嬉しいです。 にほんブログ村 猫ブログ 猫用品・グッズへ にほんブログ村

09:45 / 首輪についての話 / comments(0) / trackbacks(0)
スポンサーサイト
09:45 / - / - / -
COMMENT









Trackback URL
http://hracka.jugem.jp/trackback/695
TRACKBACK
my bookcase
いつでも里親募集

qrcode