hracka(フラチュカ)はチェコ語で「おもちゃ箱」と
いう意味です。
2匹の愛猫の写真を中心に積み重ねた日々をしまう
大切な「おもちゃ箱」のような場所に
なればいいなと思ってつけました。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

/ - / - / -
<< 猫のまたたび入りおもちゃ 三日月キッカーモニター様の声 | main | またたび入り猫おもちゃの取り扱い終了のお知らせ >>
フィンランドマリメッコ本社からメールを頂きました。



こんにちは。
猫の首輪作り職人 ハシモトナオコです。

少し前に新しく発売予定の「三日月型またたびおもちゃ」の事を
記事にしたのですが、今日はその新しいおもちゃについて
少しエピソードがあったので、書かせて頂こうと思います。

実はこの三日月型のキッカーを作ろうと思ったきっかけは
あるブランドの生地を使えないだろうかと考えた事が発端です。
そのブランドの生地を使えればとても可愛いものになると思ったんです。

そのブランドとは北欧好きなら誰でも知っている「マリメッコ」です。




我が家が個人的に使用する為のおもちゃです、念のため。


ハンドメイドをする人間にとって「商用利用出来る」生地と
「商用利用不可」の生地があるというのは
物作りをしていく中でおのずと分かってくるものです。
生地の耳部分に「この製品は商用利用不可です」と
明記されている生地もありますし、そうでなくてもキャラクターもの
デザイナーものがほぼアウトな事は間違いありません。
曖昧な部分があれば、直接メーカーに問い合わせて
確認を取るという手もありますが私自身、そういった物を使って
商品を製作したことはこれまでありませんでした。


そこでマリメッコなのですが、ライセンス契約を結んでない限り
ここの生地を使っての商売は出来ない事を十分知っておりました。
(個人で楽しむ分にはなんの問題もないのはどこのメーカーでも同じです)

知っていたのですが、どうしても問い合わせてみたくなった。
弱小ショップが一人でちまちま作る分くらいの量ならば
千歩、いや一万歩譲って大きな心で許可してもらえるかもしれないと。
要はホントはダメなんだけど、あなたが作る分くらい
おめこぼししてあげるわという寛大は処置を期待したのです。。

そこでフィンランドのマリメッコ本社にメールを送りました。
知り合いの知り合いがフィンランド語が出来るそうで
英語でも良いけど、本国の言葉でお伺いした方が
少しでも心くすぐるのではないかという作戦もあったのですが
まぁなにしろ時間がないということもあり英語になりました。

5月半ばから何度も何度も文章を考えました。
手短にこちらの希望と熱意が伝わるように
そして許可して頂け易くなるようにある一定の条件下においての
おめこぼしをお願いしたいと願い出ました。

そのメールを6月2日の午後3時過ぎに送信しました。
何故この時間かというとフィンランドとの時差がサマータイムのこの時期
6時間であることを調べ、きっと膨大に届くであろうメールの中で
少しでも埋もれにくくする為に就業開始時間を狙っての姑息な作戦です(笑)
この日、ツイッターでも昼過ぎに大事なミッションがあって
ドキドキするとつぶやいてました。
そして送信後はもうやることはやったので後は審判を待つだけという。
ダメで元々、返事が来たら御の字・・ましてやその返事がオッケーならば
こんな光栄な事はない、そんな気持ちでした。

そんな気持ちで待っていた所、なんとマリメッコ本社から
昨夜22時過ぎに返信が来ました!
わずか1日半で返信が来たので正直驚いてしまいました。
もっともっと待たされる、いや返事すらもらえないかもしれないのにと。
読んで貰えていた事に感謝しつつ、恐々とメールを開いてみました。

・・結果、残念ながらアウトでした。
きちんと丁寧に、しかしきちんと断られました。
丁寧なニュアンスで「分かってね」という感じな
凄く丁寧でとっても丁重に、かつ大人な断りメールでした(笑)
ほぼ分かってはいたことですが、深夜にちょっとへこみました。
きっとマリメッコには私のようなメールが世界中から届くのでしょう。
こういったことへの対応も慣れたものなのかもしれません。
でもマリメッコという世界的な大企業がこんなにすばやく返信をくれた事
しかもこんな東の果ての一般人を相手にして
真摯な応対をしてくれた事に嬉しさと感謝を感じています。

結果は結果、ダメで元々だったものがやっぱりダメだっただけの事。
行動を起こしてダメだったのだから、残念ではありますが気持ちは切り替えれます。

かなり条件を絞ってもダメだったのだからショップで扱うことは諦めて
これからはマリメッコのいちファンとしてマリメッコファブリックを楽しもうと思います。
そんな顛末がありましたキスキスコーシュカでした。


今回掲載している画像は個人使用として製作したおもちゃを
インスタグラムにあげたものです。
でも・・マリメッコにメールする際にキャットグッズといっても
想像しづらいだろうとリンクを貼って見て貰えたらと思って
撮った画像であることも正直に暴露します。。
決して商品化するという意図ではないことをご理解頂けると嬉しいです。。


「キスキスコーシュカ」 猫の首輪作り職人 ハシモトナオコでした。


キスキスコーシュカツイッター ショップの事、ジュジュとルークの事などなど呟いてますので
お気軽にフォローして下さると嬉しいです。



□ランキング参加中です□ にほんブログ村 猫ブログ 猫用品・グッズへ にほんブログ村

08:48 / 猫のおもちゃ / comments(0) / trackbacks(0)
スポンサーサイト
08:48 / - / - / -
COMMENT









Trackback URL
http://hracka.jugem.jp/trackback/798
TRACKBACK
my bookcase
いつでも里親募集

qrcode